エディブルフラワー

エディブルフラワー図鑑 (一部お取り扱いのない商品も含まれています。)

エディブルフラワーとは?

【エディブルフラワーとは「edible」=食べられる「flower」=お花、のことです】

食べれるお花、観賞用とは違い野菜と同じように、安心して食べるためにつくられたお花です。
エディブルフラワーには品種もたくさんあり様々なカラーが楽しめて、バランス良く多くの栄養素が含まれている事がわかってきました。

世界各地、特にヨーロッパを中心にオランダなどは、日常的にエディブルフラワーを使った料理が食べられていますハーブもその一種です。 料理方法は様々あり、オランダの人々は見て楽しみ食べて楽しんでいます。

歴史的からみても、身近なところにエディブルフラワーがこっそりと繁栄していて、菜の花や食用ギク、シソの花は古くから日本人に好まれて食べていました。 近年では、日本でも大手百貨店、大手スーパーマーケットにも見かけるようになりましたが、まだまだご存知ない方が多いのが現状です。

野菜や果物と同じ様な感覚で日常の食生活に、エディブルフラワーを食べてみて知って楽しんでいただきたいと思います。

普通の切り花・苗花との違い

エディブルフラワーは野菜と同様に、食べる事を目的として栽培されている為、農薬も化学農薬を使用せず栽培している所がほとんどです。

一般に流通している花は観賞用として育てられているため、農薬の制限は得にありません。 その為、体に有毒な農薬(水銀や食用に用いない化学農薬など)を使用している場合も多いのです。

決して、花屋やホームセンターなどのお花は口にしないで下さい。
また、花の中には有害な花(オダマキ・キキョウ・アネモネなど)もあるのでみだりに花を食べる事はやめましょう。

エディブルフラワー種類

エディブルフラワーは、特殊な品種の花というわけではなく、皆さまご存じのパンジーや、ビオラ、カーネーション、デンファレなど一般に流通している花です。四季を通して約30種類の花を栽培しています。
エディブルフラワーは種類が豊富で様々なカラーがある事が最大の魅力です。

<春〜夏>
デージー・ベゴニア・ペチュニア・バーベナ・インパチェンス・ニチニチソウ・ヒャクニチソウ・マリーゴールド・メランポジウム・ミニヒマワリ・ペンタス・ラベンダー・イソトマ・ナイターチューム・トレニア・バジル・ゴーヤ・アサガオ・ニラ・サルビア・ヒョウタン など

<冬〜夏>
パンジー・ビオラ・アリッサム・ノースポール・キンギョソウ・ナデシコ・カレンジュラ・プリムラ・ポリアンサス・ジュリアン・サイネリア など

保存方法

エディブルフラワーの保存期間は2〜5日、基本的には生野菜と同じ方法なのですが、季節や保存方法によっても事なりますので、出来るだけお早目に使っていただくのをオススメします。

保存方法

  1. お皿に濡らしたキッチンペーパーを敷きます。
  2. その上に花を置き、上には乾いたままのキッチンペーパーをかぶせます。
  3. 上からラップをして、野菜室で保管します。

テイスト/味

種類によって異なりますが、甘みがあったり、苦味があったり特徴があります。しかしお料理の邪魔をするような味のあるものはありません。
栄養価も野菜に引け劣らずビタミン、繊維を多く含んでいます。

ハーブティ(ドライフラワー)

湿気に弱いエディブルフラワーは、すぐにダメージをうけてしまうので摘みたて新鮮な花を使ってください。
花びらが落ちないようになるべく細かい網に固定し、晴れた日の風通しの良い場所で花を1〜2週間乾燥させます。
カリカリという音になればドライフラワーの完成です。
お好みで紅茶と一緒に保存すれば風味も増し、より鮮やかな手作りハーブティが出来ます。